小学校の入学祝いプレゼント 女の子向け

女の子専用のプレゼント一覧です。女の子にも男の子にも贈れるプレゼントは、入学祝いに贈りたいプレゼントへどうぞ。

 

生活必需品のプレゼント

ランドセル

  • タイミング :1月迄に購入
  • 金 額 :4万円程度(時期ずれせば半額)
  • メ モ :軽く、丈夫で、使い勝手が良い

ランドセルの購入はぎりぎりでも間に合いますが、ちょっとこだわりを持ったものの場合、注文してからの製作となるようで3ヶ月程期間を見ておいた方が良いです。我が家は気づいた時には手遅れで、既成品を購入することに。まずは現物を見てみないと、、、ということでデパートにて実物調査を実施。

我が家のランドセル選びの基準は、『丈夫さ』、『A4が入るサイズ』、『軽さ』、『シンプルさ』の4点。デパートにてあれやこれや比較した結果、フィットちゃんがベストとの結論に至りました。

丈夫さと言う点において、クラリーノ素材を選好。自分が子供の頃は『コードバン』という馬の臀部から採れる皮革でできた高級ランドセルを使ってましたが、雨に濡らしながら雑に扱っていると6年後にはところどころひび割れが出来ます。本革は子供のランドセルには向いていません。上の子はフィットちゃんのランドセルを普通に雑に扱って6年間使用しましたが、ランドセルに目立った劣化なく6年間使い切ることができましたのでクラリーノの耐久性は証明済み。




これだ、と思える商品が決まったものの、色が何種も用意されています。上の男の子の場合は、さして迷うこともなく黒に決まりましたが、女の子にとっては色は気になる所。そもそも周りと違う色だといじめられるのではないかと実際の小学生がしょっているランドセルの色を観察したところ、むしろ昔のように赤のランドセルを背負っている子どもが見当たらない。。。ということで完全に子どもの趣味の水色で決定。

買うものさえ決まれば、店舗価格とネット価格の値差は歴然としており、わざわざ店舗で購入する理由はありません。

 

-他の使用者の評価-

Amazonで評判を見る

楽天で評判を見る

 

振り返って反省するところは以下の2点。

  • 閑散期に安く買うべし:毎年でてくる新製品など新しいデザイン故の価値はなく、どうせなら前年の4月に売れ残りを安く買っておけばよかった。時期をずらすことで半値で買えます。
  • 手作りの高級ランドセルは不要:自分の子供時代を振り返り、ランドセルは壊れるものとばかり思っていました。それ故、子供には6年間壊れることのない職人が手作りしたランドセルを購入しようとしてました。購入しようとしたタイミングでは職人の作製が追いつかず、やむなく既製品を購入したわけですが、結果それで大正解。今のランドセルは全く壊れません。自分の2人の子供もその友達も肩掛け紐がちぎれているような子供は一人もいません。手作りが故に高いお金を支払う必要はありません。既製品のランドセルで十分です。

上の子で閑散期に買えば安く買えることを学習しながら、ついつい入学間際になるまでランドセルの購入を忘れていました。。。